serendipity


by gsn0917

市川由衣は俺の嫁

お久しぶりです。

とうとう行ってきました!!!!!

だいぶ前に見に行くと書いた劇『どんまいマインド』
f0097355_2329811.jpg



いや~楽しかった☆

ちょっとみなさん聞いてくださいよ!!



チケット買ったときの劇の説明↓

<あらすじ>
19 歳で渡欧し、量子力学の分野で頂点を極め、「21世紀のダ・ヴィンチ」といわれた月村修一郎は、妻の事故死がもとで科学の道を諦め、東京は深川にある建具店を継いだ。しかし、このご時世 下町の建具店は閑古鳥がなく毎日である。その状況を打ち破るべく娘の茉利がインターネットにこんな文章をのせたのだった。「どこでもドア!作ります!!」たちまち世界中から集まってくる修一郎を慕っていた科学者たち。ついに時空を超える発明が実現したと勘違い。下町の世話好きな人々と世界有数の頭脳をもつ科学者が巻き起こすちょっとした事件を淡々と時にはスペクタクルに描きます。



どうです、おもしろそうでしょ??


昨日見た(劇を見に行く前日、確認のためHPで見た)劇の説明↓


<あらすじ>
大あらし三連発直撃のため壊滅状態となったパイナップル園をあとに、再び旅に出る決意をする江田五郎(西村雅彦)。
今回の旅が最後になるであろう思いを胸に、彼と旅をともにする伊良部幸夫(中丸新将)、豊見城章(金子貴俊)、金城雄太(脇知弘)、仲宗根つかさ(市川由衣)、粟国祥子(芳本美代子)、八重山さおり(松田美由紀)らが待つバスに乗り込む江田五郎。
寄り道なしの人生をかけた旅の始まりだったはずなのだが・・・・。
旅の先々で彼らにふりかかる困難と混乱。
出会った人々との交情と愛情。
そして必ずふりかかる選択と損得。
彼らを待っているのはいったい・・・

★都合により、内容が変更になりました。ご了承ください。


どえぇぇぇ~~~~~~~~~!!!!!!!

話かわりすぎやろ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!笑

会場にも上の写真貼ってたけど、この衣装全く出てこなかったぞ~!!笑


でもおもしろかったから許します☆笑




席も前から4列目ぐらいで、ステージから3mぐらいの距離で(うふ)

近くで市川由衣見れたことよりも、

至近距離で西村雅彦(いまいずみ)見れたことの方が感激でした☆☆☆


ほんで劇の途中で西村さんが「胸やけ!」って言うシーンがあったんですが、

ガスター10思い出して一人で笑ってしまった・・・。笑





あ、パンフレットの最後のページ。『ガスター10』の宣伝や。
[PR]
by gsn0917 | 2008-10-27 23:40